色々なカプセルと錠剤

事後処理の薬

低容量ではなく、中容量ピルというものもあります。これは含まれる女性ホルモンの分泌量が多く、即効性があるほど強い薬です。
中容量ピルもまた避妊のための女性が服用するものですが、これは日常的な服用を前提としたものではありません。
アフターピルという名称もあるとおり、不用意な性行為後、妊娠する可能性が認められた際に服用する、いわば事後処理のための薬です。
アフターピルは性行為後72時間以内であれば90%以上もの高い避妊確率を誇ります。本来は性犯罪に巻き込まれた女性が意図しない妊娠を起こさないために処方されるものでしたが、コンドームの破損や低容量ピルの服用忘れなど、誤って妊娠する可能性がある性行為をしてしまった後の女性にも処方されています。
中容量ピルは身体に大きな負担をかける薬であるため、常用はできません。効果が激しい分、副作用もまた強く現れます。
発熱、強い眠気、身体の怠さなどが一日続き、めまいや悪心などを伴う場合もあります。
最悪の場合、二度と子供が作れない身体になってしまうほど、重い薬なのです。
中容量ピルは、万が一の事態に備えて用意されているもので、これをあてにして性行為を行うべきものではありません。
女性の身体のために、望まれないまま新しい生命が産まれてこないためにも、避妊に関する意識と知識はしっかりと持ちましょう。